ニューヨーク不動産賃貸・売買 ~ 市場の季節性

米国では新学期が始まる9月に向けて夏に引越す方が多くなります。その後10月以降、特にサンクスギビングやクリスマスのホリデーシーズンに向けて借りたい・買いたいという需要が減り、不動産市場の閑散期となります。

一方で、自宅購入や転勤等の理由でアパートを出る人、年末までに物件を売却して利益・損失を確定したい投資家は一定数存在します。

不動産取引価格は市場の需要と供給の関係で決まりますから、冬の賃貸・売買価格は夏よりも低くなります。家賃・購入価格を抑えたい方には、11月から12月が物件探しにお薦めの時期と言えます。夏のハイシーズンには一瞬で借り手・買い手がついた物件も、冬には動きが遅くなりますので、内覧予約を入れやすくなりますし、多少余裕を持って物件を見て回ることも可能です。早期取引成立のために条件交渉に応じる家主も増えます。

☆☆☆ニューヨークでの長期滞在が決まった方、市内のお引越や物件購入をご検討されたい方、ご連絡お待ちします。 ☆☆☆

 

Masumi Hayakawa
NYS Real Estate Salesperson 
KIAN Realty NYC

Call/ Text: 310-564-6017

LINE: masumihayakawa

450 Fashion Ave., #1501, New York, NY 10123