🌠 条件を決める

エリア、広さ、ご予算等のご希望条件と優先順位を可能な限り明確にしてください。コンドミニアムのみでなく、コープも対象にすべきかどうかは、ご購入目的によります。また、投資目的でご購入され、すぐに貸し出せる物件と賃貸に関する厳しい規約がある物件があります。

🌠 資金調達を考える

米国の金融機関から住宅ローン・モーゲージを借りるには、購入価格の10-20%の頭金と一定のクレジットスコアが必要。金融機関が発行する Pre-approval Letter がないとオファーを入れられません。物件が決まっていなくても、収入・資産・クレジット等から、金融機関が想定金利とお借入れ限度額を提示してくれます。現金購入の場合には Proof of Funds をご提出頂きます。

🌠 不動産エージェントを選ぶ

バイヤーズエージェント(買い手の代理人)に物件探しをご依頼ください。ニューヨークではほぼすべての物件情報が公開されていますので、どの不動産会社・エージェントでも紹介可能な物件は同じです。ただし、エージェントは誰でも同じ仕事をする訳ではありません。物件選びのリサーチ力、仕事のスピード・正確さ、相手ブローカーとの交渉力、契約に関する理解・説明力等に加え、相性もありますので、慎重にお選びください。

売却物件の広告を掲載しているのは売主が雇ったリスティングエージェントです。売主の利益最大化の義務があります。買い手のお客様が直接コンタクトされますと、Dual Agent(売る側・買う側両方の代理人)となるケースがあります。日本では頻繁に行われている両手取引ですが、米国では州により違法です。一般的に、仲介手数料は全額売主が負担します。

🌠 内覧して比較する

バイヤーズエージェント経由で内覧予約を入れます。ほとんどの場合、オープンハウスでも事前予約が必要です。ご内覧時には家主ブローカーが買い手候補が審査に通りそうかどうか(特にコープの場合)スクリーニングしていますので、注意が必要です。取引成立の見込みが低いと、内覧や購入のオファーを断られることもあります。

🌠 オファーを入れる

気に入った物件が見つかったら、バイヤーズエージェント経由で購入希望価格と条件をリスティングエージェントに伝えます。複数のオファーがほぼ同時に入ることもあり、その場合、売主が契約相手を選びます。

🌠 契約書に署名する

物件毎に契約書が異なります。大多数の方は不動産取引専門の弁護士を雇い、売買契約書や管理組合の会合議事録等をチェックをご依頼になります。ご署名と同時に、10%程度の手付金をお支払い頂きます。クロージングまでエスクロー口座で管理されます。

🌠 住宅ローンを借りる

金融機関から資金調達するには、ご購入者(収入・資産・クレジット)とご購入物件(専門家による評価額)の両方が審査に通らないといけません。マンハッタンの不動産取引は仕組みが独特・複雑なため、現地に支店がある金融機関をお使いになることを勧めます。

​🌠 管理組合による審査

ほとんどの物件で管理組合による審査があります。身分証明書や雇用証明、給与明細、銀行口座残高の提出に加えて、複数の推薦状や面接が必要な物件もあります。承認されるまでに数週間から数か月かかります。

​🌠 クロージング

売り手、買い手、各エージェント、弁護士、金融機関、タイトル会社が立ち会い、書類へのご署名、お支払い後に鍵を受け取ります。パンデミック後はリモートクロージングが増えています。

IMG_20190410_163023_edited.jpg

ニューヨークで家を買う
BUYER'S AGENT
ご購入プロセス