MASUMI HAYAKAWA

New York State Real Estate Salesperson

OXFORD PROPERTY GROUP

5 W 37th St., 12th Fl., New York, NY 10018

e-mail: mhayakawa@opgny.com  

call/ text: 310-564-6017

弊社仲介料

基本的に家賃一か月分です。家主が不動産会社に手数料を支払う場合、借り手のお客様からは仲介料を頂戴しません。弊社は「両手取引」を行わず、家主もしくはテナントのいずれかより仲介料を頂きます。

例外として個人所有のコンドミニアムのサブリースの場合、家主側エージェントが仲介料を年間家賃の15%と設定しています。Co-brokeと呼ばれ、弊社と7.5%折半することになります。

弊社のサービスはお客様のご希望を伺い、条件に合う物件をマーケットで探すところから始まります。審査・契約対応のみでなく、ご入居時の諸手続き、賃貸契約更新、ご退去等もサポート致します。

​​​

日系不動産会社との比較

◆駐在らくらくパッケージ

仲介手数料は年間家賃の12-15%です。家主が仲介料を支払う場合でも、仲介料は変わりません。ほぼ全員決まった駐在員人気物件に案内されます。また「JFK空港での出迎え」と「ご入居時の立会い」にどれだけの価値がありますか?

◆サービスアパート、違法では?

短期で貸せるコンドミニアムを投資家に積極的に販売し、駐在員向けに転貸(サブリース)しています。ニューヨーク州では賃貸アパートへの30日未満での入居やエアビーは禁止されています。

◆顔の見えないエージェント

日本からいらっしゃる多くの方は不動産「会社」を選ぶことから、エージェント紹介ページがありません。つまり、お客様はエージェントを指名出来ません。ニューヨーカーは不動産会社でなく、エージェント「個人」を選んで仕事を任せます。

◆多大な広告費・人件費

大手日系他社はネットや紙媒体に多大な広告費をかけています。エージェントは従業員ですので、仕事が’あってもなくても給料を支払わないといけません(コミッションなしの会社もあり)。弊社は広告費・人件費・事務所の家賃を抑えた低コスト運営により、仲介料を抑えています。

MASUMI HAYAKAWA

Oxford Property Group

mhayakawa@opgny.com

310.564.6017

http://nycre4j.com