​​仲介手数料はどのくらい?

 

借り手が負担:NYCでは住宅賃貸取引においてお部屋を借りる方(テナント)が仲介料を支払う慣習です。米国の他のほとんどの都市では、逆に家主が仲介料を支払います。

弊社の仲介手数料はエリア・家賃により (1) 無料 (2) 家賃1か月 (3) 年間家賃 x 15%と三種類あります。

(1) NO FEE(無料):近年、新築物件の供給が増えたため、マーケティングの一環として仲介料を支払う家主が増えて来ました。これらの物件を仲介した場合、借り手のお客様からは手数料を頂きません。

​​

(2) LOW FEE(家賃一月分):オーナーが手数料を支払わない賃貸専用物件を紹介した場合、弊社の仲介料は家賃一ヵ月分です。スタジオで$2,000、1ベッドルームで$3,000程度以上のアパートが対象ですが、エレベーター・ドアマンなしのこともあります。

(3) 個人所有物件:condo/ co-op/ townhouse(年間家賃x15%):仲介手数料として年間家賃の15%かかります。家主側エージェントと弊社で折半します。仲介料が高くても好立地・高品質のコンドミニアムやコープに是非住んでみたい、家賃を抑えることが最も重要、というお客様には個人所有物件を紹介します。

いずれのカテゴリーの物件が多いかは、お客様のご予算・エリア・条件により大きく異なります。

家賃が低くなる程、賃貸専用物件が減り、仲介料のかかる個人所有物件(コンドミニアム・コープ)が増えます。

日系不動産会社による仲介:大手日系他社は家主が手数料をカバーしてもしなくても、借り手から12-15%受け取ります。家主が仲介料を支払うアパートを紹介すれば、両側から手数料が入りる仕組みです。

​​

短期アパート:一年未満で契約可能な家具付きアパートはかなり割高です。また、短期賃貸契約では、家主が仲介料をカバーすることはないため、借り手のお客様に必ず手数料がかります。ただし、弊社による長期物件仲介をお約束頂いたお客様には無料で紹介します。​

​​​

Masumi Hayakawa
NYS Real Estate Salesperson 
KIAN Realty NYC

Call/ Text: 310-564-6017

LINE: masumihayakawa

450 Fashion Ave., #1501, New York, NY 10123