不動産エージェントとは

米国での住宅用不動産取引仲介では「不動産会社」でなく、特定の「エージェント(代理人)」を指名します。大多数の不動産エージェントは会社員でなく個人事業主です。不動産会社の総合窓口に問い合わせるお客様はほとんどいません。口コミや紹介、ネットでのリサーチにより、個人エージェントにコンタクト、その後顧客になるケースがほとんどです。

米国で物件売買・賃貸取引をする際、不動産エージェントは売り手・買い手、貸し手・借り手のいずれかを代理します。各取引において、それぞれのエージェントは誰を代理するのか、つまり誰の利益を第一優先するのか、まず最初に開示する義務があります。​

当チームは「バイヤーズエージェント」「テナントエージェント」として買い手・借り手のお客様のために住宅物件をお探しします。

NY州での不動産取引では、下記のフォームをお客様にご提示し、自社の役割を明確にしなければいけません。これらは契約書ではなく、不動産取引の経験・知識が限られる一般消費者を守ることを目的に作成されたものです。

New York State Disclosure Form for Landlord and Tenant(賃貸取引用)
New York State Disclosure Form for Buyer and Seller(売買取引用) 

ニューヨークで物件をご購入される多くの方は、バイヤーズエージェントと専属契約されます。交渉はすべてエージェントを通して行い、売り手と買い手が直接やりとりすることはほぼありません。

稀に売り手エージェントが買い手エージェントを兼ねることがあります。「デュアルエージェント」と呼びます。ニューヨーク州では認められているものの、多くの州や国では禁止されています。両者の利益を同時に最大化することは不可能なのです。

関連コラム

・カスタマーとクライアント

・不動産会社の規模・知名度

・日系不動産会社との「信頼関係」