NYC賃貸マーケット (5) ~ 5/09/2019

ニューヨークシティへのご赴任やご留学がお決まりになると、早速お住まい探しを始められ、複数の不動産会社にコンタクトされる方がいらっしゃいます。渡米ご予定の3-4か月前からお問い合わせを受けることも少なくありません。

(迷信5) 出来るだけ早い時期に、多くの不動産会社・エージェントに物件探しを依頼した方が良いアパートが見つかる。

NYCでは1か月以上先に空室になるお部屋はほとんどマーケットに出ていません。家主(エージェント)が情報公開すると同時にテナント候補による内覧が始まります。競争が激しいので、気に入ったらすぐに入居申込みしないといけません。審査に通ると、即ご契約となります。ご契約開始まで、最大10日程度しか待ってくれません。

賃貸専用物件では一般的に、空室になる2-3週間前から、または空室になってからテナントを募集します。高級物件ではテナントが住んでいる間は内覧させてくれません(ご自身がご入居された場合にも同じことが言えます。退去前から次のテナント候補がお部屋を訪れることを好む方はいないと思います。)。 

また、ニューヨークへのご出張やご旅行の際に建物と空室を下見をさせてくれる家主はかなり稀です。大型賃貸物件であっても、数ヵ月先の入居時期に建物内に空室があるかわからないためです。

一方、限られた専属物件(個人所有のコンド、コープ等。特に日系不動産会社による”審査簡単”アパート)を除き、賃貸専用物件を含むほとんどの空室情報はすべての不動産会社・エージェントが共有しています。複数社に同時にコンタクトされると紹介物件が重なり、仲介料が無料にならなくなったり、二重にかかるリスクがあります。同一物件を違うエージェントと二回内覧すると、家主(エージェント)が教えてくれます。

渡米数ヵ月前にご連絡頂くと、土地勘のないお客様にはエリア毎の特色や家賃相場を説明したり、アパートを借りる際の手順に関するご質問にお答えしたりしますが、ご入居まで1か月以上ある場合には特定の物件をご紹介出来ないことをご了承下さい。

 

Masumi Hayakawa
NYS Real Estate Salesperson 
KIAN Realty NYC

450 Fashion Ave., #1501, New York, NY 10123

Call/ Text: 310-564-6017

LINE: masumihayakawa