綺麗なアパートに安く住む方法

【2022年2月22日更新】

比較的家賃が低い、お得な高級物件を探すにはどうしたら良いのでしょう。

1. 大型高層物件の低層階や狭い部屋を狙う。高層ビルが多いエリアで陽当たりや眺望を重視すると、家賃は数百ドル上がります。同じ間取りでも階数が上がるほど家賃は高くなります。

2. エリアを選ばない。こだわりを持つほど対象物件が減ります。オフィスや学校から徒歩圏のみを対象とせず、地下鉄・バス・自転車での通勤・通学を前提とすれば、選択肢が増えます。

3. 今すぐ引越す。現在空室の物件を数か月後に予約することは出来ません。引越しが数か月後の方にはそもそも内見させてくれません。今借りてくれる人には空室を全部見せてくれますし、多少条件交渉の余地があります。

4. 高級賃貸アパートでシェア。「審査簡単アパート」や学生向け「レジデンス」、または「日系サービスアパート」に高い家賃を払って住み続けていませんか。

5.「リースブレーク(早期解約)」物件を引き継ぐ。急に帰国が決まったり、他州・郊外に引越したため、代わりのテナントを探している方がたくさんいます。

6. 仲介料なし物件を探す。入居者の代わりに家主が不動産会社に仲介手数料を支払う物件があります。 

7. テナントエージェントに任せる。ほぼすべての不動産会社は空室情報を随時交換していますが、お得な情報をタイムリー見つけられるかどうかはエージェント次第。仕事が速く、英語で交渉ができる不動産会社・エージェントを選びましょう。当チームは審査対応もサポートしますので、すべてのプロセスがスムーズです。