ニューヨークでお部屋を探し始める前に

1. どの不動産会社でも取扱い物件ほぼ同じ

ほとんどの不動産会社は物件情報を常時共有していますので、どのエージェントにお部屋探しをご依頼されても、仲介可能な物件数・情報は変わりません。

「良い物件を逃したくないのであちこちに物件探しを依頼しておこう。」「他の不動産会社とコンタクトしても他社にはわからないだろう。」とお考えになる方がいますが、同一物件を違うエージェントと二回内覧しようとすると、予約の際にリーシングオフィス、家主エージェントが教えてくれますので、ダブルブッキングがバレます。相手に不信感を持たれて、お客様ご自身の審査に影響しかねませんし、仲介料が二重にかかるリスクがあります。 

一方、「仲介料なし物件」に一度お名前が登録されてしまうと、賃貸物件の家主は弊社による紹介と見做さず、弊社に対して仲介手数料を支払いません。その場合、弊社はお客様から仲介手数料を頂戴せずに取引に関わることは出来なくなります。このため、弊社のみに仲介業務をお任せ頂ける場合にのみ、仲介業務を承っております。

2. 早過ぎる行動はムダに終わる可能性が高い

ニューヨークシティへのご赴任やご留学がお決まり次第、早速ネットでお住まい探しを始められ、複数の不動産会社や物件の広告主に同時にコンタクトされる方がいらっしゃいます。渡米ご予定の半年前からお問い合わせを受けることも少なくありません。しかしながら、NYCでは1か月以上先に空室になるお部屋はほとんどマーケットに出ていません。家主(エージェント)が情報公開すると同時にテナント候補による内覧が始まります。競争が激しいので、気に入ったらすぐに入居申込みしないといけません。審査に通ると、即ご契約となります。ご契約開始まで、最大10日程度しか待ってくれません。

賃貸専用物件では一般的に、空室になる2-3週間前から、または空室になってからテナントを募集します。高級物件ではテナントが住んでいる間は内覧させてくれません。ご自身がご入居された場合にも同じことが言えます。退去前から次のテナント候補がお部屋を訪れることを好む方はいないと思います。 

また、ニューヨークへのご出張やご旅行の際に建物と空室を「下見」をさせてくれる家主はかなり稀です。ほとんど断られます。大型賃貸物件であっても、数ヵ月先の入居時期に建物内に空室があるかわからないためです。 

3. 広告主は多忙

「広告の物件に問い合わせたが、返事がない。」「途中でやりとりが途絶えた。」という話をよく伺います。ニューヨークシティでは、希望すればどなたでも物件を内覧出来る訳ではありません。

リーシングオフィスや家主エージェントは、物件を見てみたいだけではないかとも思われる一般客と直接やりとりする時間はありません。英語が通じなかったのではないかと思われるケースもあります。Walk-in Welcomeの看板を見て建物の中に入ると、受付で連絡先と収入を書かされ、内覧させてもらえなかった例もあります。

物件を借りたい方がテナントエージェント経由で問い合わせれば、「本気で取引をする気があるのか。」「候補者が審査に通りそうか。」等のスクリーニングを内覧前に行うことで、お互いの時間をムダにすることがありません。審査基準、今後の空室見込み、プロモーション(仲介料・家賃無料月等)の詳細は一般公開されていないことが多いものの、相手が同業者のエージェントであれば、積極的に情報を共有してくれます。

4. テナントエージェントを使う

「何か良い物件があれば教えて下さい。」というリクエストを頂くことがあります。メールにお名前や電話番号さえ記載されない方もいます。ネット上には不動産賃貸に関わる詐欺が横行していますので、お部屋を借りたいお客様が慎重になり、出来るだけ個人情報を開示されたくないお気持ちは理解出来ます。

しかしながら、エリアとご予算のみでは、何をお薦めしたら良いのか、正直まったく見当がつきません。弊社はパスポートのみで入居できるような「審査簡単物件」「格安物件」を取り扱っておりませんので、ご家族構成、入居希望日、収入、クレジットスコア等を把握せずに、適当な物件をお薦めすることは出来ません。

ライセンスを持つ不動産会社やブローカー・セールスパーソンには守秘義務がありますので、個人情報はお取引後も第三者に開示されることはありません。また、不動産業者が広告を出す際には所属会社・連絡先を明示する義務があります。広告主が誰なのか良くわからない物件にはご注意ください。

それでもやはり、出来るだけ早く物件情報が欲しい、どの不動産会社に仲介を依頼したら良いのかわからない、という方、弊社にご連絡下さい。ご入居まで1か月以上ある場合には特定の物件をご紹介出来ない可能性が高いのですが、土地勘のないお客様にはエリア毎の特色や家賃相場、賃貸手続きに関するご質問等にお答えします。

ご希望のアパートを効率よく見つけて、ご入居までのプロセスが問題なく進むよう、不動産エージェントを味方にして上手にお使い下さい。

MASUMI HAYAKAWA

NEW YORK STATE REAL ESTATE SALESPERSON

License No. 10401307885

OXFORD PROPERTY GROUP

5 W 37th St., 12th Fl., New York, NY 10018

e-mail: MHAYAKAWA@OPGNY.COM

Call/ Text: 310-564-6017

LINE: masumihayakawa